豆知識「カードローンの法律相談」

豆知識:カードローン法改正

カードローンの法律相談

カードローンの法律相談

カードローンの法律相談

借金の返済に困ってしまった場合に、その解決策を一緒に導きだしてくれる人たちがいます。
彼らは弁護士や司法書士であり、カードローンの法律相談にのってくれる専門家です。
法律に基づき、専門家が借金問題を解決していくことを「債務整理」といい、主に四つの方法があります。
それらは任意整理、破産、特定調停、個人民事再生とよばれるもので、債務者の状況に応じてより適切な方法を選び、解決へ導いていくというものです。

銀行系カードローンをお探しならこちらもご参考に
http://www7.smbc.co.jp/index.html

簡単にこれらの特徴を述べていきましょう。
まず、任意整理ですが、こちらは返済能力がある人のための方法で、法律で制定された以上の利息を要求され、いわゆる過払いをしていた場合、借金の元本から払いすぎた分を差し引き、元本だけを返済していくという方法です。
中にはすでに支払いが終わっており、過払い金を回収したという事例も挙げられています。
この方法は裁判所を通す必要がない和解による解決方法です。
残りの三つの債務整理の方法に共通して言えるのは、いずれも裁判所を通すということです。
決定が下るとその後返済義務がなくなるもの、原則3年以内で返済していくようにするものなどそれぞれに特徴があり、どの方法にもメリット、デメリットがあるので、債務者の返済能力、状況によって選択が異なってきます。